【インド猛暑の過ごし方】ひんやり静かな国立博物館でインド文化を学ぶ@デリー


毎年恒例、インドの暑〜い夏がやってきました!ドライヤーの熱風を浴びているような気温で、外を歩くのもつらい季節です。そんな時は涼しいところに行くに限ります。おすすめの場所はデリーの国立博物館。ただ涼しいところでダラダラするだけじゃなくて、展示物を見ることでふむふむとインドの文化に詳しくなれます。クーラーがんがんで寒いくらいなので羽織りものを持って出かけましょう。

見応え抜群デリーの国立博物館

ジャンパド通りにあるデリーの国立博物館。インド門からも近いので何度か博物館の前を通ったことがある方も多いのではないでしょうか。日本にある博物館と同じで、国の歴史において重要な展示物が紹介されており、誰でも入場可能です。

入場料金は650Rs(外国人料金)オーディオがセットで含まれています。この料金、毎年値上げ?しているんだとか…。居住証明書を見せれば入場料は一人20Rs。その場合はオーディオは別途料金を払って借りる必要があるそうです。オーディオには日本語verがあるのでそれをもらいましょう!これがないと絶対楽しめません笑

入場の際IDパスが必要でしたが、私はちょうど持っていなかったので2,000Rsをデポジットで受付に預けました。

20万点以上の展示物!じっくり見るなら3時間は見込んで

とても広くたくさんの展示物があります。20万点以上の展示物って言われても、実際どれくらいのものか想像できない数字ですけど、とりあえずめちゃくちゃ広いってことだけ覚えておいてください。じっくり見るなら3時間はかかります。

中はインドなのにw 静かでシーンとしています。そしてひんやり。博物館に来たなーって感じです。仏像や民族衣装、武具、キラキラ輝く宝石コーナーなど盛りだくさんです。

海軍の展示物もありました。絵画は見ていて面白い。こういうとき誰がどういう神様なのかわかって見るともっと楽しめるはず。
参考:【これで覚えられる!】ヒンドゥー教 インドの神さま まとめ

歴史を少し勉強した上で見るとなお楽しめると思います。誰か詳しい人と一緒に博物館に行って楽しむのも手ですね。

【National Museum】
HP:http://www.nationalmuseumindia.gov.in
時間:10時〜18時
休み:月曜
入場料:
居住証明書を見せれば一人20Rs
なければ、外国人料金650Rs
学生は12歳まで無料


関連記事はこちら


コメント

メールアドレスは表示されません.


*