全ての宝石にはストーリーが。インドのジュエリー「GENESIS(ジェネシス)」@デリー

PR記事

インドには、たくさんのジュエリーショップがありますが、ここGENESIS(ジェネシス)は、全てがオリジナルデザインで、ここでしか買えないものばかり。

一番人気のヒンディー語のジュエリーだけでなく、全てのデザインにはストーリーを持たせ、宝石が最も輝き、現代人に受けいられれるデザインを追求しているのだそう。

「インド伝統」と「モダン」を併せ持つデザイン

1930年に創業されてから、今や4代目になるこちらのジェネシス。今ではデザイン学校を卒業している本格的なデザイナーで運営されています。

彼らが目指しているのは、“インドらしさ” × “モダン(現代的)” なデザイン。

IMG_20170922_154920.jpg

昔ながらのインドデザインや、古き良き言い伝えを大事にしながらも、ニューヨークなどの最新の流行を合わせて、日本人や欧米人にも受け入れられる、彼ら独自の新しいデザインを生み出しています。

IMG_20170927_113302.jpg

wp-1506498912593..jpg

IMG_20170922_142831.jpg

そして、全てのデザインには、ストーリーがあります。

9つの宝石:Navaratna(ナヴァラトナ)

Navaratna(ナヴァラトナ)は、「9つの宝石」を意味するサンスクリット語の複合語です。このスタイルで作られたジュエリーは、他の宗教の中でもヒンズー教、ジャイナ教、仏教、シーク教などで重要な文化的意義を持っています。

この話の起源は正確には不明なようですが、インド占星術やヒンズー教では、宇宙の9つの惑星とこの宝石を対応させ、全て揃った9つの星の宝石を身につけることで、パワーをもつことが出来ると言われているのだそうです。

宝石と対応する月:ルピー(太陽)、パール(月)、レッドコーラル(火星)、エメラルド(水星)、サファイヤ(木星)、ダイヤモンド(金星)、ブルーサファイヤ(土星)、ヘソナイト(rahu)キャッツアイ(ketu)

下記はナヴァラトナの定番なモデルの配置です。インド人には人気なようですが、日本人にはちょっと大き過ぎますよね。

IMG_20170922_142601.jpg

それを現代的にデザインしたのはこちら。ペンダントです。

IMG_20170922_154700.jpg

私の友人が購入してて、思わず「どこで買ったの!?」と聞いてしまうくらい、可愛いデザインでした。日本でも大活躍できそうです。

ブッダが悟りを開いた木を表す「peepaal tree」

ゴータマ・ブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)は、仏教の開祖 ゴータマ・ブッダがその木の根元に座って悟りを得た菩提樹 悟りを開いたと言われています。

その菩提樹を表現したのがこちらのピアス!

IMG_20170913_150610.jpg

とっても可愛らしいデザインです!

さらに、そんな深い背景があると思うと、愛着も出てきますね♩

日本人に1番人気のヒンディー語のジュエリー

こちらは、駐在妻の中でも大人気なデザインです。自分の名前をヒンディー語にして、ネックレスやリングにできるものです。

こちらは、大きめサイズなものです。

IMG_20170902_144731.jpg

リングにしても可愛いです♡

IMG_20170913_145755.jpg

↓↓↓ヒンディーの指輪(左)とペンダントトップ(右)

出典:こちらのブログ

同じリングでも、デザインがちょっと違うだけで印象も違いますね!

 

こちらのデザインは、もちろん世界に1つしかないオリジナルなものになります。

入れたい名前を伝えるとそれをヒンディー語にしてくれるので、名前の長さによってデザインを考えてくれます。

IMG_20170913_144756.jpg

ちょうどヒンディー語にした時のまるっこい部分に、ストーンが入れられるそうです。

私は、インドに来て2人の子供が生まれたので、その2人の名前で作ることにしました。あまり宝石がキラキラしたのは好きじゃないのですが、相談した結果、2人の命の意味を込めて、それぞれの頭文字にダイヤモンドを置いてもらうことに。

このダイヤモンドが激安で。。。

なんと1粒800ルピー(1400円)とかなのです。もちろんすごく小さいのですが、入れたくなりますよねー。笑

GENESISのジュエリーの歴史は1930年〜

1930年に宝石商としてスタートしたNarainファミリー。こちらの写真は創業者が、宝石を削っている現場です。

14102666_249052805488686_2948973515189843580_n

良い宝石を見つけたら、その石を最高に輝かせたい!という想いで、デザインを作ってきたのだそう。

インドカルチャーを大事に、絶対に他の会社のコピーなどはせず、”GENESIS”のオリジナルのデザインを追求してきたのだとか。

その精神は、1人のGemologist(宝石師)と2人のデザイナーに受け継がれています。

wp-1506498912683..jpg

全員が宝石、デザインの学校を卒業し、インド政府の資格を持っているプロフェッショナルです。

今では、インド人だけでなく、各国の大使館の御用達になっているようで、欧米人も多く訪れているようです。

インドのとっておきの思い出作りに、ぜひオーダーしてみてください♩

お店の詳細・注文方法・値段の相場

ヒンディー語のネックレスは、20,000ルピー前後。利用した金と宝石の価格で決まります。文字の多さによっても、前後します。

また、ほかの全てのジュエリーはカスタマイズ可能です。石のカラーを変えてみたり、少し小さくしたり、、お好みに合わせて、デザインから作ってくれますので、気軽に相談してみてください。

注文してから、4〜6週間かかりますので、余裕を持って発注してくださいね!

来店には事前予約が必要です。下記までご連絡ください。

Tel:011-29233587, 011-41632143, 9811465381,

Facebook:https://www.facebook.com/GenesisJewellery/

場所:M-10, Hansraj Gupta Marg, Greater Kailash, Part-1,New Delhi

こちらの一軒家になります。ベルを押して開けてもらってください!

wp-1506498912569..jpg


関連記事はこちら


コメント

メールアドレスは表示されません.


*