インドの美味しいコーヒー豆ブランド6選!

出典:https://www.flyingsquirrel.in/

紅茶が有名なインドですが、実はコーヒーもとっても美味しいのですね。アジアで第3位、世界でも5−6番目の生産量がありますが、その70%は欧米を中心に輸出されているとのこと。インド国内はまだ紅茶が強いようですが、コーヒーを根付かせようと、デリーにはおしゃれなコーヒーショップも増えてきています。

コーヒー豆のパッケージもおしゃれで、日本にはまだあまり輸入されてないようなので、お土産にもオススメできるインドのコーヒーのブランドを調べてみました。

参考までに、日本のドトールは200gで870円〜の価格、インドでは250gで160ルピー(300円弱)〜400ルピーと、幅があるものの、お得です!

①Blue Tokai@デリー&ムンバイ

出典:https://cdn.shopify.com

デリーの裏サケットと呼ばれる地域にひっそりと佇むオシャレなお店。デリーNCR在住の日本人には、今では一番有名かもしれません。

インド各地のファームから、厳選された豆を使い、自家焙煎した香り高いコーヒーを提供しています。ここの本店はオフィス兼カフェになっていて、コーヒーを飲む事も、コーヒー豆を購入する事もできます。

デリバリーも可能で、お店のHPAmazonより注文できます。250グラムで400ルピー。空港にも売っていますが、10$だったので2倍価格です。

カフェ店舗はデリーとムンバイに2店舗づつ。
本店住所 : khasra 258, lane 3, Westend marg ,Saidulajab,NewDelhi
電話:+91 98211-26015
他店舗はブルーTOkaiのHPよりご確認ください。

②Devan’s@デリー

出典:http://devans.in

1962年に創業された老舗。昔から日本人の駐在員に人気のコーヒー豆のお店。今ではスーパーにも良く売られていますが、ロディコロニー近くの本店に行くと、焙煎したてのコーヒーが入手出来るようです。コーヒー好きさんには、本店にいくことをオススメします。

価格は250gで160ルピーなので、他と比較するとかなり安いです!

通販で注文すると、下記のような密封パッケージで配達してくれます。

wp-1499760297681..jpg

住所: 131, Khanna Market, Lodhi Colony, New Delhi
Tel: +9111 24611474, 2469446
店舗は日曜はお休みのようです。

デリバリーは、Devan’sのHPより。

③Black Baza Coffee Company@バンガロール

出典:https://i2.wp.com/www.vervemagazine.in/

ケンブリッジ大学出身のインド人が作ったコーヒー豆。大学の研究をもとに、生物多様性を大事にし、熱帯雨林の日陰を利用した栽培方法・シェイドグロウンを利用しているのだとか。なので、パッケージに動物や植物が描かれているのですね。

日陰栽培農法により、熱帯林が守られ、様々な種類の動植物が生息できる豊かな自然環境が保たれるのです。

http://www.starbucks.co.jp/responsibility/ethicalsourcing/support.html

250gで300ルピー前後〜

デリーNCRですと、I say Organigの店舗でよく見かけます。

デリバリーはBlack Baza CoffeeのHPもしくはAmazonより。

 

④Flying Squirrel@バンガロール

出典:https://www.flyingsquirrel.in/

フレーバーに特徴のあるコーヒー。代表的なのは”PARAMA”という商品で、チョコレートとキャラメルの香りと記載しています。他にもベリーの香りもあります。6つの商品が少しづつ楽しめるお試しパックが410ルピーで販売中。50グラムづつきちんと個装してくれるので、おすそ分け的なお土産にもいいかもしれません。

こちらの6パックを注文して見ました。チョコレートの香りはよく分かりませんでしたが、他のコーヒーに比べてすごく飲みやすく感じました。酸味や苦味があまり無くて、あっさりとしながらも美味しいです。豆の色が薄い茶色なのも特徴的でした。

250gで340ルピー前後

オーダーはflying squirrel のHPAmazonより。

⑤Halli Berri@カルナタカ州

出典:http://halliberri.com/?page_id=584

出典:http://halliberri.com/?page_id=584

ここの会社は、カルナタカ州のチクマガルルというコーヒー栽培が有名な山の中で、コテージとコーヒーショップ「Cofee Barn Cafe」も経営しています。

出典:http://halliberri.com/

このコーヒーショップで飲むコーヒーは最高なのだとか。

あいにく、デリーや他の地域では簡単にデリバリーができなそうですが、バンガロールのNature`s Basketでは手に入るようです。バンガロールのお土産に良さそうですね!

ちなみに、このチクマグリという場所は、コーヒー農園がたくさんあるのだそう。Blue Tokaiのコーヒーも多くがこの場所です。

参考:トリップアドバイザー

Seven Beans Coffee Company

出典:https://i2.wp.com/www.vervemagazine.in/

こちらはパッケージが可愛いかったのでセレクトしてみました♩グローバルに通用する美味しいコーヒーをインド国内で、安価に流通させたくてスタートしたのだとか。参考

飲み方によってのオススメは下記のようです。

Eka – カプチーノ、ラテ
Urja – アメリカン、カプチーノ、ラテ、コールドコーヒー
Mishta – アメリカン、エスプレッソ、マキアート、コールドコーヒー

250gで320ルピーから。

購入はAmazonでのデリバリーが良さそうです。

 

以上、インドのコーヒー6選の記事を書くにあたり、下記の記事を参考にさせて頂きました。

top-10-best-coffee-brands-in-india

gourmet-indian-coffee

7 Indian Brands That Let You Order Freshly Ground Coffee In An Instant

IBEF


関連記事はこちら


コメント

メールアドレスは表示されません.


*