オートやローカルショップでも使える電子マネー【paytm】


以前から電子マネーとしてインド国内で浸透し始めていた電子マネーサービス「Paytm(ペイティム)」は、既に利用していますか?

クレジットカードには対応していなくても、Paytmの利用は受け付けてくれるオートやタクシー、ローカルショップが意外とあります!
さらに、政府系運営のミルク屋さんMother dailyでも利用可能でしたので、使えるようにしておくと便利です!

1、まずはPaytmのアプリをダウンロード&登録

①下記よりダウンロードしましょう。

https://paytm.com/mobile

②携帯番号で登録しましょう。
インドの携帯番号と名前を入力すると、携帯のSMSにOTP(ワンタイムパスワード)が送られてくるので、そちらで認証してください。

2、電子マネーをチャージしよう

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-11-44-06

上部の「add money」をクリックすると、チャージ金額が自由に選べるので、金額を入力。
その後、デビットカードやクレジットカード、ネットバンキング等でお支払いして下さい。

Suicaのようなイメージで、電子マネーをチャージしていく感じです。
以前使ったカードは保存してくれてるので、CVVだけ入力すれば簡単にリチャージもできます。

ただ、クレカはインド発行のもの、ネットバンキングはインドの銀行口座からしか出来ません。インターナショナルのクレカ等はエラーが出ますので、ご注意ください。

3、実店舗やオート等での使い方

① スマホでバーコードを読み取ろう

スマホで左端の「Pay or Send」をクリックすると、すぐにバーコードリーダーが立ち上がります。

screenshot_2016-11-28-11-50-44

そのまま、店舗に設置されているバーコードを読み込ませてください。

wp-image-666182564jpg.jpg

② 相手の携帯番号にチャージしよう
Paytmを受け付けているオートやタクシーは、このようなステッカーが貼っています。

img_20161126_115020

支払いの際は、「Pay or Send」をタップした後に、「Mobile No」をタップしてください。

screenshot_2016-11-28-11-52-18

その後、送金したい相手の電話番号と金額を入力して「Send」を押しましょう!

無事に送金が完了されると、下記のような画面になります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-12-00-20

4、携帯電話や電気代などの支払いも出来ちゃう優れもの!

Paytmは携帯電話や公共料金の支払いも可能で、さらにECとして物品購入まで出来ちゃう巨大なプラットフォームになっているんですね。
特にプリペイド式の利用が多い携帯電話の支払いは、めちゃくちゃ便利です。
airteやVodafone、tata docomo等、小さい業者なども提携していて、番号入力して業者を選択するだけでリチャージ可能です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-4-17-10

誰でもリチャージ出来るので、うっかり支払い忘れて回線が止められたときなど、友人にお願いして復活させることもできますね。

5、友人への送金も可能!

上記の3-②の方法でやれば、Paytmを使っている友人にも送金ができちゃいます。
現金払いが困難ないま、レストランでの支払いは一人がまとめてカードで払って、Paytmで送金し合うことも簡単です。
※多くのお店は、合計金額を人数割りして各自でカード払いも出来るようですが。

6、PCでも利用可能!

スマホが無い場合、PCでも登録が可能です。
自宅にいる際に、友人に送金したり、電気代の支払いなどはPCで可能ですが、出先で利用することが出来ないので、その点は不便です。

状況に応じて使い分けてください!


関連記事はこちら


1 コメントあります

  1. 詳細な記事ありがとうございます!
    一つ質問なのですが、日本人の短期旅行者がこのサービスを使う際のコツなどありますでしょうか。
    (インドの電話番号が必要、口座やカードなどハードルが少し高い気がしまして、、)

コメント

メールアドレスは表示されません.


*