【子供〜大人対象】英語の資格試験@インド


英語の勉強をしている奥様。会社の研修で、語学学校に通われている方。一応英語圏に暮らしているからこそ、インドで英会話勉強をしている方も多いはず。

他にも、お子様の英語力が、どのくらい付いたのか確かめたいお母様もいるのでは?

ぜひ下記の資格試験、ご参考ください。

①TOEIC

日本でも有名なTOEIC。実はインドでも受けられちゃいます。

ただ、受けられる都市は4つだけ。

日本で主流のReading&Listeningを受けられるのは、デリー/ムンバイ/チェンナイ/バンガロールです。(2016年現在)

受験予約は、サイト上で。

CPS公式HPはこちら

上記のCPSのサイトでは午後のセッションが選択肢に出て来なかったり、受験月が近づくと急に受験日の選択肢が変わったりしますので、センターに直接メールで問い合わせてから登録することをお勧めします。

日本のように家に受験票は送られて来ず登録完了を知らせるメールが来ます。それとID(パスポート)を試験会場で提示します。

(出典:インドでTOEIC受験!!

すぐわかる、テスト結果!

今年の5月、私のお友達がTOEICを受けていらっしゃいました。受験者数も少ないからなのか理由はわかりませんが、日本で受けた時と比べてとても早く(たしか数日後?)試験結果がわかったとのこと。

ただ、数日前にメールで会場変更通知が来たり、最初の数問聞こえないままリスニングテストがスタートしたり、いろんな場面でインドらしさが垣間見えたそうです。少々注意は必要そうですねw

②TOEFL

海外でも通用する英語資格といえばTOEFLですね。MBAや外国の大学受験を考えている方は、こちらのほうが有効かもしれません。

受験予約は、サイト上で。

公式HPはこちら

海外でも有名なテストだからなのか、TOEICよりも受験エリアが広いです。受験地はデリーとグルガオン両方あるので、ご都合が良い日取りを選びやすいですね。

受験費用は日本よりもお得!

日本での受験費用は$230(参照:公式サイト)ですが、インドで受験するとなんと$160!(2016年現在)。

③英語検定(お子様向け)

私もたしか、遥か昔、小・中学生の時に受けました。日本でかなり有名な資格であり、お子様も気軽に受けられるレベルの英語試験ですよね。

注意は、資格証明書はもらえないこと!

TOEICのように、インドの試験会場でテストをして、資格証明書をもらえるものではありません。というのも、あくまでオンライン上でテストをして、合格レベルかどうかを確認できるものだからです。

テスト実践はサイト上で。方法は2つ。

・過去問バージョン

過去問のサイトページはこちら。3級以上は面接(スピーキングテスト)もあるので正確に合格レベルを測れませんが、それ以下であれば十分お子様の英語レベルを確認できます。

Web上で試験問題が公表されていて、リスニング問題も聞けちゃいます。便利ですね。(出典:子供の英語

・英検Jr

公式サイトページはこちら。リスニングを主体とした、子どもの英語力を確認する試験です。

テストの一部に選択肢が文字で書かれた問題が含まれているものの、英検Jr.の問題は、リスニングが中心。英語音声を聞いて、それに合ったイラストに○をつけたりします。(出典:ゲーム感覚で楽しく勉強できる英検Jr

おわりに

皆様もぜひ、受けてみてください♩

また他にもオススメの語学情報があれば、教えて下さい。特に、英検については、実際資格証明書がもらえるサービスがあれば、コメントなどで情報共有いただけると嬉しいです!!


関連記事はこちら


コメント

メールアドレスは表示されません.


*